フィリップス合唱曲録音全集(13CD)【限定盤】【輸入盤】▼

  • CD

オイゲン・ヨッフム

フィリップス合唱曲録音全集(13CD)【限定盤】【輸入盤】▼|オイゲン・ヨッフム|484-2000

フィリップス合唱曲録音全集(13CD)【限定盤】【輸入盤】▼

  • CD

オイゲン・ヨッフム

  • 発売日
    2021年04月02日
  • 484-2000
  • 輸入盤
  • ジャンル:合唱曲

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。

※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

商品の特長


◆国内入荷予定が遅れる場合もございます◆

誠実で信仰心に満ちたバッハの4大宗教曲を含む合唱曲集。CD13枚組BOX


オイゲン・ヨッフムがフィリップスに行った宗教音楽の合唱曲全録音を集めた初めてのBOXです(13枚組)。
ルドルフ・メンゲルベルクの珍しい『マニフィカト』も収録しています。

ドイツ、バイエルンでカトリックの音楽一家に生まれたオイゲン・ヨッフムは子供の頃、
オルガンを弾き、父親の合唱団の指揮をしていました。
後にブルックナーのスペシャリストとして知られるようになったヨッフムですが、
本人は「しかし私はバッハ、モーツァルトとベートーヴェンの音楽から始め、今でも一番身近に感じているのはそれらの音楽です」
と告白しています。

1960年代に古楽器ブームが来ても、ヨッフムは歴史の専門家にバッハを譲り渡すことを拒み、
1958年(『ミサ曲ロ短調』)から1973年(『クリスマス・オラトリオ』)の間に、フィリップスにバッハの4大宗教曲を録音しました。
ヨッフムの演奏は誠実で信仰心に満ちています。
「合唱団が大きいか小さいか、楽器が古いか新しいかは大した問題ではありません。
大事なのは生き生きとしてドラマティックであることです。表現は心の問題なのです」。

アルバムには当時最高のバッハの歌い手、エルンスト・ヘフリガー、ヴァルター・ベリー、アグネス・ギーベルなど
注目すべきアーティストが参加しています。
『クリスマス・オラトリオ』と『天地創造』で共演しているバイエルン放送交響楽団・合唱団とは実り多い成果を上げ、
1949年に首席指揮者となりました。

録音セッションについての興味深い記述を含む、Niek Nelissen氏による深い洞察に富む解説、
珍しい写真が掲載されたブックレット付き。


【演奏】
[CD 1-2]
J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232
ロイス・マーシャル(ソプラノI)、ヘルタ・テッパー(ソプラノII)、ピーター・ピアーズ(テノール)、
キム・ボルイ、ハンス・ブラウン(バス)、バイエルン放送交響楽団・合唱団
1957年12月、ミュンヘン(ライヴ)

[CD 3-5]
J.S.バッハ:マタイ受難曲BWV244
エルンスト・ヘフリガー(テノール/福音史家)、ヴァルター・ベリー(バス/イエス)、アグネス・ギーベル(ソプラノ)
マルガ・ヘフゲン(アルト)、ジョン・ファン・ケステレン(テノール/アリア)、フランツ・クラス
Leo Ketelaars(バス/アリア)、オランダ放送合唱団、Boy's Chorus of St.Willibrord's, Amsterdam
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1965年11月、アムステルダム

[CD 6-7]
J.S.バッハ:ヨハネ受難曲BWV245
エルンスト・ヘフリガー(テノール/福音史家)、ヴァルター・ベリー(バス/イエス)、アグネス・ギーベル(ソプラノ/アリア&侍女)
マルガ・ヘフゲン(アルト/アリア)、アレクサンダー・ヤング(テノール/アリア&下役)
フランツ・クラス(バス/アリア&ペトロ、ピラト)、オランダ放送合唱団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1967年6月、アムステルダム

[CD 8-10]
J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオBWV248
エリー・アーメリング(ソプラノ/アリア&天使)、ブリギッテ・ファスベンダー(アルト/アリア)
ホルスト・ラウベンタール(テノール/アリア&福音史家)、ヘルマン・プライ(バス/アリア&ヘロデ王)
テルツ少年合唱団、バイエルン放送交響楽団・合唱団
1972年10月、ミュンヘン


[CD 11-12]
1)ハイドン:オラトリオ『天地創造』Hob.XXI:2
2)ルドルフ・メンゲルベルク:マニフィカト
アグネス・ギーベル(ソプラノ/ガブリエル、イヴ)(1)、ヴァルデマール・クメント(テノール/ウリエル)(1)
ゴットロープ・フリック(バス/ラファエル、アダム)(1)、Annie Woud(アルト)(2)
バイエルン放送交響楽団・合唱団(1)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(2)
1966年7月、ミュンヘン(1) 1952年4月、アムステルダム(2)

[CD 13]
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調Op.123
アグネス・ギーベル(ソプラノ)、マルガ・ヘフゲン(アルト)、エルンスト・ヘフリガー(テノール)
カール・リッダーブッシュ(バス)
オランダ放送合唱団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1970年9月、アムステルダム


収録情報

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

レビュー

この商品の最初のレビューを書いてみませんか?

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。