※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。

※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

商品の特長


◆国内入荷予定が遅れる場合もございます◆

ロリー・ギャラガー、衝撃の1971年ソロ・デビュー・アルバム『Rory Gallagher』のリリース50周年を記念する2CDリイシュー!

・CD2枚組
オリジナル収録10曲のニュー・ミックス(CD1)と、未発表音源18曲(CD2)を収録。

収録情報

■CD1
1. Laundromat - 50th Anniversary Edition
2. Just The Smile - 50th Anniversary Edition
3. I Fall Apart - 50th Anniversary Edition
4. Wave Myself Goodbye - 50th Anniversary Edition
5. Hands Up - 50th Anniversary Edition
6. Sinner Boy - 50th Anniversary Edition
7. For The Last Time - 50th Anniversary Edition
8. It's You - 50th Anniversary Edition
9. I'm Not Surprised - 50th Anniversary Edition
10. Can't Believe It's True - 50th Anniversary Edition

■CD2
1. Gypsy Woman - Tangerine Studio Session
2. It Takes Time - Tangerine Studio Session
3. I Fall Apart - Tangerine Studio Session
4. At The Bottom - Alternate Take 3
5. At The Bottom - Alternate Take 4
6. Advision Jam
7. Laundromat - Alternate Take 1
8. Just The Smile - Alternate Take 1
9. Wave Myself Goodbye - Alternate Take 2
10. Hands Up - Alternate Take 2
11. Sinner Boy - Alternate Take 3
12. For The Last Time - Alternate Take 1
13. It's You - Alternate Take 2
14. I'm Not Surprised - Alternate Take 1
15. For The Last Time - Live On BBC ""Sounds Of The Seventies"" / 1971
16. Laundromat - Live On BBC ""Sounds Of The Seventies"" / 1971
17. It Takes Time - Live On BBC ""Sounds Of The Seventies"" / 1971
18. I Fall Apart - Live On BBC ""Sounds Of The Seventies"" / 1971

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

レビュー

この商品の総合評価

1 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • m-oki 様 の投稿
    2021-09-19 15:51
     ストラトの音が最高!
    曲はブリティッシュ・ブルースとアイリッシュ・フォークのミックスでかなり渋めのブルース・ロックです。 これ以降5作目あたりから徐々にハードロック化していき、またブルース路線に戻って亡くなってしまいました。 彼が凄いのは、ストラトの音が完璧でトーンが素晴らしい。当時はクラプトンやベックもストラトでこんな良い音出せてません。