FLAMING PIE [2CD]【輸入盤】▼

  • CD

PAUL McCARTNEY

FLAMING PIE [2CD]【輸入盤】▼|PAUL McCARTNEY|086-1770

FLAMING PIE [2CD]【輸入盤】▼

  • CD

PAUL McCARTNEY

  • 会員様web価格
    3,073円(税込)送料無料
  • ポイント
    154 円分ポイント  (5%)
  • 発売日
    2020年07月31日
  • 086-1770
  • 輸入盤
  • ジャンル:ポップス

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。

※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

商品の特長


◆国内入荷予定が遅れる場合もございます◆

高い評価、成功とともに世界的に愛され続けている1997年に発売された10枚目のソロ・アルバム『フレイミング・パイ』が、グラミー賞も受賞しているアーカイヴ・コレクションの13番目の作品としてリリース。

リマスター・アルバム+ボーナス・オーディオ21曲

収録情報

■CD1 – リマスター・アルバム
1. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング
2. ザ・ワールド・トゥナイト
3. イフ・ユー・ウォナ
4. サムデイズ
5. ヤング・ボーイ
6. カリコ・スカイズ
7. フレイミング・パイ
8. ヘヴン・オン・ア・サンデイ
9. ユースト・トゥ・ビー・バッド
10. スヴニール
11. リトル・ウィロー
12. リアリー・ラヴ・ユー
13. ビューティフル・ナイト
14. グレイト・デイ

■CD2 – ボーナス・オーディオ
1. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング [ホーム・レコーディング]
2. ザ・ワールド・トゥナイト [ホーム・レコーディング]
3. イフ・ユー・ウォナ [ホーム・レコーディング]
4. サムデイズ [ホーム・レコーディング]
5. ヤング・ボーイ [ホーム・レコーディング]
6. カリコ・スカイズ [ホーム・レコーディング]
7. フレイミング・パイ [ホーム・レコーディング]
8. スヴニール [ホーム・レコーディング]
9. リトル・ウィロー [ホーム・レコーディング]
10. ビューティフル・ナイト [1995デモ]
11. グレイト・デイ [ホーム・レコーディング]
12. ビューティフル・ナイト [ラン・スルー]
13. ホール・ライフ [ラフ・ミックス]
14. ヘヴン・オン・ア・サンデイ [ルード・カセット]
15. グレイト・デイ [アコースティック]
16. カリコ・スカイズ [アコースティック]
17. カモン・ダウン・カモン・ベイビー
18. ルッキング・フォー・ユー
19. ブルームスティック
20. ラヴ・カム・タンブリング・ダウン
21. セイム・ラヴ

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
3,073円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

4 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • 愛の伝説 様 の投稿
    2022-03-05 17:21
     ポール最後の?佳作
    2010年から始まったアーカイブ・コレクションの現時点での最新作。本作発売後2年半経過したが、何か問題はあるのか、70年代の傑作「ロンドン・タウン」と「バック・トゥ・ジ・エッグ」が取り残されており、1日も早い発売を願っている。さて本題に戻ると97年発表の「フレイミング・パイ」は「ヤング・ボーイ」のヒット曲を含む佳作で、個人的には82年の「タッグ・オブ・ウオー」で2度目のピークを迎えたポールがゆっくりと下っていく中、ポール・マッカートニーの冠にふさわしい最後のアルバムと評価している。この後もポールはコンスタントに作品を発表し現役バリバリで活躍しているが、近年の作品には正直満足していない。多分本作がポール「最後の佳作」になるだろうと勝手に思っている
  • あかしばいちろう 様 の投稿
    2020-08-14 19:15
     兎に角、名作ですね。
    このシリーズ、音も良くなってるし最高です。
  • ニクニク 様 の投稿
    2020-08-14 08:42
     未発表曲に魅力が有りません
    比較的新しい録音なので、リマスターの効果もあまり感じられませんでした。
  • アズさん 様 の投稿
    2020-08-03 17:17
     Paulはやっぱり良い
    やはり今回のアルバムも間違いなく良いです。必須なアルバムです。