※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。

※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

商品の特長


伝説のトリオのハンブルグNDR Funkhausでの’72年のライヴ録音が遂に初お目見え。オリジナルテープからM. EicherとJ. E. Kongshaugがリミックス。
キース・ジャレットがアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズやチャールズ・ロイド・カルテットなどと一緒に演奏していた60年代後半から70年代前半に、キース・ジャレットは自身が初めてリーダーとなって1966年に組んだチャーリー・ヘイデンとポール・モチアンとのトリオの活動していた。
これがキース・ジャレットの最初の後に伝説と言われるトリオ、彼の人選はドンピシャだった!

オーネット・コールマンのバンドで自身の持つ技を培ったベースのヘイデン、そしてドラムスはビル・エヴァンスの革新的トリオにいたモチアンと一緒であればジャレットはモダン・ジャズの全てを探求できるのだった、ポエティックなバラードからハード・スウィング、さらには獰猛で燃えるようなフリー・ジャズまで、インプロヴィゼーションは時にはジャレットがソプラノ・サックスやフルートを吹くまで!

この3人の真のミュージシャンの間に取り交わされるインターアクションは全編を通し尋常ではない域だが、最後に収録されているヘイデンの名曲"Song for Che"(ニュー・ジャズ・クラシックとなった楽曲をジャレットの録音は本作のみ)でその興奮は最高潮に!

収録情報

1. Rainbow 2. Everything That Lives Laments 3. Piece For Ornette 4. Take Me Back 5. Life, Dance 6. Song For Che

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

レビュー

この商品の最初のレビューを書いてみませんか?

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。