ANOTHER SIDE OF JOHN COLTRANE 【輸入盤】【アナログ盤】▼

  • LP

JOHN COLTRANE

ANOTHER SIDE OF JOHN COLTRANE 【輸入盤】【アナログ盤】▼|JOHN COLTRANE|720-5352

ANOTHER SIDE OF JOHN COLTRANE 【輸入盤】【アナログ盤】▼

  • LP

JOHN COLTRANE

  • 会員様web価格
    4,860円(税込)送料無料
  • ポイント
    243 円分ポイント  (5%)
  • 発売日
    2021年08月20日
  • 720-5352
  • 輸入盤
  • ジャンル:ジャズ

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。

※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

商品の特長


◆国内入荷予定が遅れる場合もございます◆

今年生誕95年を迎えるジョン・コルトレーンの再度マンとしての魅力に焦点をあてた企画盤が登場。マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、ソニー・ロリンズ、レッド・ガーランド、タッド・ダメロン、アート・テイラーなどの偉大なジャズ・ミュージシャンとの共演を収録した新コレクション。

CDやデジタルには収録されていない2曲のボーナストラック「Nutty」(『Thelonious Monk with John Coltrane』より)と「Birks' Works」(『Soul Junction』 Red Garland Quintet ft. John Coltrane and Donald Byrdに収録)を収録!

コルトレーンは革新的で影響力のあるリーダーとしての活動が主な遺産となっているが、ジャズ界の名だたるミュージシャンたちと共演し、高い評価を受けたサイドマンとしてキャリアをスタートさせた。本作は、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、ソニー・ロリンズ、レッド・ガーランド、タッド・ダメロン、アート・テイラーらとのセッションでの代表作を中心に、この先駆的なアーティストのキャリアの一面を探っていく。

ニック・フィリップスがプロデュースし、グラミー賞®を受賞したエンジニア、ポール・ブレイクモアがマスタリングを行い、Well Made Musicのクリント・ホリーがラッカーを担当。また、ジャーナリスト、作家であり、ジャズ・ジャーナリスト協会の生涯功労賞を受賞したダグ・ラムゼイ氏による新しいライナーノーツも掲載。


コルトレーンは、1946年に音楽活動を開始し、キング・コラックスやジミー・ヒースといったリーダーたち、続いてディジー・ガレスピー、ジョニー・ホッジス、そして彼のアイドルであるチャーリー・パーカーとステージを共にした。しかし、1955年にマイルス・デイヴィスからかかってきた1本の電話が彼の人生を大きく変えた。デイヴィスは新しいバンドを結成することになり、レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)らとともに、将来有望な若いサックス奏者を招待したのだ。最初の「偉大なクインテット」として知られるこの伝説的なグループは、その後2年間に渡って、プレステージから『Relaxin', Workin', Steamin', and Cookin'』シリーズなど、評価の高いタイトルを次々と録音。その中から、『Relaxin' with the Miles Davis Quintet』に収録されているソニー・ロリンズ作曲の「Oleo」を収録。この時期は、コルトレーンにとって、芸術的に大きく成長した時期でもあった。2001年の『ニューヨーク・タイムズ』紙の特集で、評論家のベン・ラトリフは、コルトレーンのサイドマンとしての初期の頃は、「特に際立った存在ではなく、ほとんど聞こえてこない」と論じている。しかし...デイヴィスとのレコーディングでは、彼は音を出していた」と述べている。

同じくロリンズが作曲した「Airegin」を1956年に録音したものや、セロニアス・モンクの名曲「'Round Midnight」(『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』に収録されているもの)などデイヴィス主導のセッションのハイライトを収録。


1957年には、ニューヨークのファイブスポット・カフェで6カ月間、毎晩モンクのピアニストと一緒に演奏しました。"モンクと一緒に仕事をすることで、私は最高の音楽的建築家に近づくことができました。あらゆる面で彼から学んだ」とコルトレーンは後にダウンビートに語っている。ベースのウィルバー・ウェアが参加したバラード「モンク・ムード」(『セロニアス・ヒムセルフ』収録)や、ウェアがベース、レイ・コープランド(tp)、ジジ・グライス(as)、アート・ブレイキー(ds)、コルトレーンとコールマン・ホーキンスがテナー・サックスで参加したモンクのスタンダード曲「エピストロフィー」(『セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン』収録)などこの時代、コルトレーンのもう一人のジャズの巨匠、セロニアス・モンクとの'57年のコラボレーションも収録。

また、同じサックス奏者であるソニー・ロリンズとが唯一共演した録音、ロリンズの“Tenor Madness”(1956年)に収録されている同名曲を収録。ラムゼイはこの録音について、「ロリンズとコルトレーンのスタイルを比較する絶好の機会であり、特に最後の方では4小節のフレーズが連続して交わされている」と述べている。

他にも、ピアニスト兼作曲家のタッド・ダメロンとの「Soultrane」、コルトレーンとドラマーのアート・テイラーとの共演を楽しむことができる「C.T.A.」、さらにマイルス・デイヴィスの代表作となっている1961年作品『Someday My Prince Will Come』から同名曲を収録!

1957年5月、コルトレーンはリーダーとしての最初のアルバムを録音し、その後、『Lush Life』、『Soultrane』(いずれも1958年)、『Giant Steps』(1960年)などの初期の傑作を発表しており、後にモダンジャズの世界を大きく変えることになるが、これらの基礎的なセッションは彼のサウンドの発展を示している。

収録情報

Side A
1. SONNY ROLLINS QUARTET: Tenor Madness (12:08)
2. MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS: 'Round Midnight (5:22)
3. THE MILES DAVIS QUINTET: Oleo (6:17)

Side B
1. THE MILES DAVIS QUINTET: Airegin (4:21)
2. TADD DAMERON WITH JOHN COLTRANE: Soultrane (5:22)
3. ART TAYLOR: C.T.A. (4:39)
4. THELONIOUS MONK: Monk's Mood (7:48)

Side C
1. THELONIOUS MONK WITH JOHN COLTRANE: Epistrophy (Alternate Take) (3:07)
2. THELONIOUS MONK WITH JOHN COLTRANE: Trinkle, Tinkle (6:39)
3. *THELONIOUS MONK WITH JOHN COLTRANE: Nutty* (6:36)
4. *RED GARLAND QUINTET FEATURING JOHN COLTRANE AND DONALD BYRD: Birks' Works* (7:32)
Side D
1. THE RED GARLAND QUINTET WITH JOHN COLTRANE: Billie's Bounce (9:21)
2. MILES DAVIS: Someday My Prince Will Come (9:02)

* Vinyl bonus tracks

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
4,860円(税込)

レビュー

この商品の最初のレビューを書いてみませんか?

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。