■書籍■『ザ・ビートルズ:Get Back』

  • ETC

ザ・ビートルズ

■書籍■『ザ・ビートルズ:Get Back』|ザ・ビートルズ|9784401650361

■書籍■『ザ・ビートルズ:Get Back』

  • ETC

ザ・ビートルズ

  • 会員様web価格
    8,800円(税込)送料無料
  • ポイント
    440 円分ポイント  (5%)
  • 発売日
    2021年10月15日
  • 9784401650361
  • ジャンル:その他

※こちらの商品は、【書籍】でございます。

商品の特長

ピーター・ジャクソン監督の新作映画「ザ・ビートルズ:Get Back」の公式書籍。

「ザ・ビートルズ:Get Back」は、ピーター・ジャクソン監督の新作映画(同タイトル「ザ・ビートルズ:Get Back」)の公式書籍。
公式書籍としては2000年に発行された「ビートルズ・アンソロジー」以来、2冊目となる。
総ページ数は240ページ、ハードカヴァー仕様の大型上製本。
1969年1月、アルバム『レット・イット・ビー』のレコーディングが行われた2か所のスタジオ・セッションからルーフトップ・コンサートまで、
映像と共に膨大な時間録音されていた、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの実際の会話が丹念に書き起こされ、いわば制作秘話を彼ら自身が自らの言葉で語っている内容だ。
イーサン・A・ラッセルとリンダ・マッカートニー撮影による数百枚の貴重な未発表写真も収録。
ここで明らかになる新事実も満載されていて、映画同様、新しいビートルズを体感できる。
ビートルズ・ファンが半世紀以上、待ち焦がれた待望の1冊。

【仕様】
ページ数:240ページ
サイズ:B4変型判(302mm x 254mm)
ハードカバー仕様(上製本)
発売:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント

収録情報

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
8,800円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

4 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • masagorou 様 の投稿
    2021-12-30 22:03
     ずっと待ってました!
    beatlesを初めて知ったのが45年位前でこういった写真集をずっと待ちわびてました!サイコーです!
  • Pのおじさん 様 の投稿
    2021-11-03 23:17
     映画のことを考えると、マイナスになってしまう
    今月25日から3夜連続でディズニープラスで独占配信される同名映画の解説と写真を収めたものです。 ディズニーが絡んでくるとは思っても見なかったので、とても残念でしようがありません。 ディズニーの独占配信後、メディアで発売されるのか、とても心配です。 Appleからの発売ならいいのですが、ディズニーからでは躊躇してしまいます。何しろディズニーは金儲けの匂いがプンプンして嫌です。
  • MM.TT 様 の投稿
    2021-10-30 13:06
     伝説の写真がたくさん
    Get Backセッションの写真は未発表が多いのでファンでも初めて見るものが多く驚いています。やはりBeatlesは偉大ですね。
  • Amadon.co.jp 様 の投稿
    2021-10-24 23:17
     内容はとてもいいです。
    Michael Edward Lindsay−Hogg(映画Let It Beの監督)が1969年1月2日からThe Beatlesのレコーディング風景を撮影した膨大なフィルム(Get Back Session)に記録されたBeatlesのメンバーや関係者の会話などを事細かに記録したものを日本語に訳したものと、Linda Louise Eastman(Paulと結婚するのはこのSessionの後なので)らが撮影した写真をふんだんに掲載してある本です。 Twickenham StadiumでのSessionからGeorgeが離脱した辺りなどは特に興味深く読ませていただきました。 ようするに初心者の方がついていくのはかなり大変な本です。 会話文を置いといて、写真集として楽しむのでしたらそれもいいかもしれませんが、そうなると価格が…。 個人的には写真はほとんどなくて構わないので、新書版くらいの気軽でリーズナブルな形で出していただけると嬉しいです。 手元に置いて気軽に読むにはちょっと本が立派すぎ。