ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション(SACD5.1chハイブリッド盤7インチ紙ジャケット仕様)

  • HybridCD
  • Blu-SpecCD
  • 紙ジャケット

ビリー・ジョエル

ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション(SACD5.1chハイブリッド盤7インチ紙ジャケット仕様)|ビリー・ジョエル|SICP-10129/31

ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション(SACD5.1chハイブリッド盤7インチ紙ジャケット仕様)

  • HybridCD
  • Blu-SpecCD
  • 紙ジャケット

ビリー・ジョエル

  • 発売日
    2018年12月26日
  • SICP-10129/31
  • ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • ジャンル:ロック

商品の特長

★この商品(HybridCD)の再生にはSACD再生に対応している機器があればSACD音源を聴くことができます
  また、通常のCD再生機器(一部のDVD再生機器を除く)では通常CD音源を聴くことができます★
完全生産限定盤/Blu-specCD2(Disc2)/来日公演パンフレット、公演チケット付/7インチ紙ジャケット仕様
「素顔のままで」他を収録した、ビリーの代名詞にして最高傑作。

『ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション』 が、
日本初リリースの5.1ch音源や日本初CD化の貴重なボーナス・トラック5曲を追加収録した、
7インチ紙ジャケット仕様のSACDマルチ・ハイブリッド盤で登場!
数々の思い出のアイテムを復刻した豪華封入特典で、1978年当時を追体験!


【商品仕様と封入特典】
・DISC1:SACDマルチ・ハイブリッドディスク仕様
・DISC2:高品質Blu-Spec CD2仕様
・18cm×18cmの7インチW紙ジャケット仕様
・オリジナルLP(US初版)内袋復刻
・オリジナルLP(国内盤)初版帯復刻【※リバーシブル仕様】
・オリジナルLP(国内盤)風レーベル面CD
・『ストレンジャー・ツアー』1978年初来日公演パンフレット(6面三つ折り:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー・ツアー』1978年4月23日(日)サンプラザホール公演チケット(実寸大)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー・ツアー』初来日公演告知チラシ(おもて面は東京版、裏面は大阪版を再現:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー』日本盤発売当時の告知ポスター(2種:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー』からカットされた日本盤アナログ・シングル・ジャケット 3種(実寸大)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー』オリジナルLP(国内盤)帯2種(初版を除く第2刷以降:リサイズ)<40年振り復刻>【※リバーシブル仕様】
・『ストレンジャー』2008年レガシー・エディション ブックレット(カラー24P:リサイズ)
・1978年発売のオリジナルLP(国内盤)ライナー・ノーツに加え、2008年の30周年記念盤に寄稿された英文ライナーノーツ
  完全翻訳と、78年リリース当時の日本の担当ディレクターが寄稿した<『The Stranger』発売の頃>、
  更に新規ライナーノーツと歌詞・対訳を掲載した日本語ブックレット(モノクロ60P)


大都会ニューヨークの孤独と躍動感を音像化した、
ポピュラー史上に燦然と輝くビリーの代表作、『ストレンジャー』日本発売40周年記念!

思い出のアイテムの数々を初復刻した、ファン垂涎の永久保存盤(日本独自企画)!!

DISC1には、『ニューヨーク52番街 40周年記念デラックス・エディション』と同様、SACDマルチ・ハイブリッドディスクを採用。
SACD層には、オリジナル・アナログマスターからのDSDマスタリングによる5.1chサラウンド音声(日本初リリース)と2chステレオ音声を収録。
CD層には、同じくオリジナル・アナログマスターからテッド・ジェンセンが2011年にリマスタリングを行った、
現存する最新リマスター音源(国内盤未発売)を採用している。
また、CD層にはボーナス・トラックとして、1977年12月11日のナッソーコロシアムでのライヴ音源5曲が日本初CD化で追加収録されている。

DISC2は、『ストレンジャー』の30周年記念盤で初めて日の目を見た『ライヴ・アット・カーネギー・ホール June3, 1977』。
出世作『ストレンジャー』のレコーディングを開始する約1ヶ月前の1977年6月3日、
NYのマンハッタンにある音楽の殿堂、カーネギー・ホールで行ったステージの模様を記録した貴重な音源が、
このたび高品質のBlu-Spec CD2仕様にアップグレードされている。

パッケージはアナログ・シングルレコードサイズの7インチ紙ジャケットに
数々の思い出のアイテム(メモラビリア)を復刻した封入特典満載の豪華仕様で、
1978年4月23日(日)のサンプラザホールでの初来日公演チケットや同公演告知チラシ、ツアー・パンフレットも40年振りに復刻。
更に、『ストレンジャー』日本盤発売当時の告知ポスターや、
日本で『ストレンジャー』からカットされたアナログ(ドーナツ)盤シングルのジャケットも全て復刻されており、
1978年当時を追体験させてくれる充実の内容になっている。


「素顔のままで」他を収録した、ビリーの代名詞にして最高傑作が40周年記念デラックス・エディションとしてリリース。 (C)RS

収録情報

《2枚組 収録数:26曲》

DISC1

1ムーヴィン・アウト
2ストレンジャー
3素顔のままで
4イタリアン・レストランで
5ウィーン
6若死にするのは善人だけ
7シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン
8最初が肝心
9エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム
10素顔のままで(ライヴ・アット・ナッソー・コロシアム Dec11,1977)(ボーナス・トラック(日本初CD化))
1977年12月11日 ナッソー・コロシアム
11ウィーン(ライヴ・アット・ナッソー・コロシアム Dec11,1977)(ボーナス・トラック(日本初CD化))
1977年12月11日 ナッソー・コロシアム
12さすらいのビリー・ザ・キッド(ライヴ・アット・ナッソー・コロシアム Dec11,1977)(ボーナス・トラック(日本初CD化))
1977年12月11日 ナッソー・コロシアム
13最初が肝心(ライヴ・アット・ナッソー・コロシアム Dec11,1977)(ボーナス・トラック(日本初CD化))
1977年12月11日 ナッソー・コロシアム
14夏、ハイランドフォールズにて(ライヴ・アット・ナッソー・コロシアム Dec11,1977)(ボーナス・トラック(日本初CD化))
1977年12月11日 ナッソー・コロシアム

DISC2

1マイアミ2017
2プレリュード/怒れる若者
3ニューヨークの想い
4素顔のままで
5シーズ・ガット・ア・ウェイ
6エンターティナー
7イタリアン・レストランで
8バンド・イントロダクション
9キャプテン・ジャック
10楽しかった日々
11さよならハリウッド
12スーベニア

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

レビュー

この商品の総合評価

6 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • 愛の伝説 様 の投稿
    2021-12-23 16:47
     ビリー・ファンのマスト・アイテム
    初めて買ったビリーのLPレコードが「ストレンジャー」。シングル「素顔のままで」が購入のきっかけだった。期待に違わず収録曲はどれも素晴らしく、CD時代になって、デビュー作からベスト盤も含めほぼ全ての作品を買い揃えたが、自分にとって本作は特別な存在で、通常盤、30周年記念ボックスも所持しているが、当時を思い出させる数々の紙類や初CD化音源を含むこの40周年記念盤を現時点での決定版としたい。私のCDプレーヤーはSACD非対応なので通常再生しかできないが、それでも十分納得できる音質である。ビリー・ファンならマスト・アイテム
  • 埼玉はまちゃん 様 の投稿
    2021-04-29 00:33
     懐かしいビリー
    SACDを聴きたくて購入しました。発売当初に買って良く聞いたアナログレコードより簡単に聴けるのは魅力です。良い音で満足。でもCD2枚の他沢山色々付いているのは驚きました。
  • komekomeclub 様 の投稿
    2021-04-24 18:58
     どストライクな世代です
    高校時代に、レコードをカセットテープにコピーして、良く聞いていました。 つい最近、「40周年記念デラックス・エディション」として発売されていることを知り、早速購入しWalkmanに転送して懐かしく聞きました。当時、レコードで聞いたビリー・ジョエルの口笛がリマスタリングされて、とても鮮明に聞こえてきました。あの頃の事を思い出して懐かしく聞けました。
  • BON JOVI 様 の投稿
    2020-12-11 23:35
     strangerデラックスエディション
    ピアノマンと言えばビリー・ジョエルだと私は思っています!どの曲も色褪せない楽曲ばかりです!
  • グレートプレート 様 の投稿
    2019-02-11 14:45
     CDを所持してますがSACD版なので購入
    CD版を購入し所持してましたが、SACD版とのことで購入しました。 じっくり聴き比べたいと思います
  • psb 様 の投稿
    2019-01-11 14:29
     古いベストのボックスしか持ってなかったので
    リマスターでBSCD2でSACDなのでとても高音質です。