ベルリオーズ:幻想交響曲[1962年]、イタリアのハロルド&序曲集

  • HybridCD

シャルル・ミュンシュ

ベルリオーズ:幻想交響曲[1962年]、イタリアのハロルド&序曲集|シャルル・ミュンシュ|SICC-10325/6
ご試聴

ベルリオーズ:幻想交響曲[1962年]、イタリアのハロルド&序曲集

  • HybridCD

シャルル・ミュンシュ

  • 会員様web価格
    4,488円(税込)送料無料
  • ポイント
    45 円分ポイント
  • 発売日
    2020年09月09日
  • SICC-10325/6
  • ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • ジャンル:交響曲

商品の特長

★この商品(HybridCD)の再生にはSACD再生に対応している機器があればSACD音源を聴くことができます
  また、通常のCD再生機器(一部のDVD再生機器を除く)では通常CD音源を聴くことができます★
完全生産限定盤
フランスの名指揮者シャルル・ミュンシュが最も得意とし、名刺代わりのように世界各地で指揮した「幻想交響曲」。セッション録音だけでもSP時代から4種類残しており、放送用ライヴ録音や映像も複数存在します。今回は、ボストン交響楽団との2種類のステレオ盤のうち、1962年4月、同響音楽監督退任直前に録音された1962年盤が21年ぶりにオリジナル・3トラック・マスターからリミックス+リマスターされ、初めてSA-CDハイブリッド化されます。 (C)RS

収録情報

《2枚組 収録数:14曲》

DISC1

1幻想交響曲 作品14 第1楽章 夢、情熱
2幻想交響曲 作品14 第2楽章 舞踏会
3幻想交響曲 作品14 第3楽章 野の風景
4幻想交響曲 作品14 第4楽章 断頭台への行進
5幻想交響曲 作品14 第5楽章 ワルプルギスの夜の夢
6歌劇「トロイ人」より 王の狩りと嵐

DISC2

1交響曲「イタリアのハロルド」 作品16 第1楽章 山におけるハロルド。憂愁、幸福と歓喜の場面
2交響曲「イタリアのハロルド」作品16 第2楽章 夕べの祈りを歌う巡礼の行進
3交響曲「イタリアのハロルド」 作品16 第3楽章 アブルッチの山人が、その愛人に寄せるセレナード
4交響曲「イタリアのハロルド」 作品16 第4楽章 山賊の饗宴。前景の追想。
5序曲「ローマの謝肉祭」 作品9
6歌劇「ベアトリスとベネディクト」:序曲
7序曲「海賊」 作品21
8歌劇「ベンヴェヌート・チェリーニ」 作品23:序曲

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
4,488円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

1 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • EROICA 様 の投稿
    2020-09-10 19:06
     音質が向上していてうれしい。
    ミュンシュの幻想交響曲は、パリ管とボストン響ではどちらが良いか?演奏内容では互角だと思うのですが、パリ管のはSACDが出ていて、音質では断然良いのでパリ管ばかり聴いていました。しかし、今回のボストン響のSACDが出たことにより、音質的にはわずかな差になりました。パリ管のほうが、少し良いと思う。どちらも、素晴らしい演奏です。