SHOWDOWN(初回限定盤)

  • CD
  • DVD付

SHOW-YA

SHOWDOWN(初回限定盤)|SHOW-YA|MUCD-8150/1
ご試聴

SHOWDOWN(初回限定盤)

  • CD
  • DVD付

SHOW-YA

  • 会員様web価格
    3,311円(税込)送料無料
  • ポイント
    34 円分ポイント
  • 発売日
    2021年08月30日
  • MUCD-8150/1
  • ドリーミュージック
  • ジャンル:ロック
  • SHOWDOWN  SHOW-YA
    CD
3,300
231 (7%) ポイント

商品の特長

初回限定盤/DVD付
35周年を迎えたガールズ・メタルの女帝、SHOW-YA。圧倒的な知名度と人気を誇っている彼女達が35周年の節目にニュー・アルバム『SHOWDOWN』を世界発売。全世界に先駆けて日本先行発売が決定!

本作は全編英詞によるSHOW-YA史上最もハードなヘヴィ・メタル・アルバムとなっている。
世界発売が決定した本作でプロデューサーを務めるのは、アルカトラスのアルバムへの参加や
国内外のヘヴィ・メタル・アーティストへの 楽曲提供などでも知られる若井望(DESTINIA,SHORTINO)。
ミックスとマスタリングには、欧州メタル・シーンのトップ・エンジニアであるヤコブ・ハンセンが参加している。
ヒット曲「私は嵐」の2021年バージョンとなる「I am the storm / WATASHI WA ARASHI」が収録され
(日本盤のみのボーナストラック)、古くからのファンにも涙ものの作品となっている。

また英詞で表現され、全パートがヘヴィでタイトになり、35周年の集大成を飾るに相応しい仕上がりとなっている。
ガールズ・メタル・ファンはもとより、すべてロック・ファンを視野に入れた
これまでで最もハードなメタル・サウンドを手に入れたSHOW-YA。

彼女たちの新たなる“決戦の時”=SHOWDOWN。


【DVD収録内容】
アルバム収録曲の中からMV2曲を収録


35周年を迎えたガールズ・メタルの女帝、SHOW-YA。圧倒的な知名度と人気を誇っている彼女達が35周年の節目にニュー・アルバムを世界発売。全世界に先駆けて日本先行発売が決定! (C)RS

収録情報

《2枚組 収録数:12曲》

DISC1

1EYE to EYE
2NEVER
3HEAVY METAL FEMINITY feat.Dorothee Pesch
4TOKYO,I Scream
5KISS in the Riot
6WIND
7Thunder
8HOLD ME
9DON'T RUNAWAY
10ROCKS
11So…
12I am the storm/WATASHI WA ARASHI(日本盤のみのボーナストラック)

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
3,311円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

2 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • 親バカプーさん 様 の投稿
    2021-09-03 10:17
     久しぶりにGirlsバンドによるハードロックを聴きました
    Girlsバンドの先駆けとして30年前にはまってました。さすがに全盛期ほどのハードさはなかったですが、最近のGirlsバンドとは迫力が違いますね。一時期は脱退していましたがSHOW−YAのボーカルは寺田恵子さんでないと。さすがです。
  • さいにゃ 様 の投稿
    2021-08-28 10:34
     思ったほどゴリゴリではなかった
    「SHOW−YA史上最もハードなヘヴィ・メタル・アルバム」って売り文句だったので、どれほどかと期待したのですが、思ったほどゴリゴリではありませんでした。 音が軽く感じたのはメンバーの年齢的なものなのか、元々の出てくる音がそうなのか、ミックスのせいなのかわかりませんが、少し物足りなく感じました。 とは言え、前作よりは確かにロックしてるアルバムだと思うのでそれは良かったです。 全編英語なのは、うん、まあ、こんなものかな…