ケルン・コンサート

  • CD
  • SHM-CD

キース・ジャレット

  • 会員様web価格
    1,402円(税込)
  • ポイント
    15 円分ポイント
  • 発売日
    2016年10月26日
  • UCCU-5706
  • ユニバーサル ミュージック
  • ジャンル:ジャズ

商品の特長


SHM-CD
天才ピアノ奏者キース・ジャレットの頂点のひとつにして、ECMレーベル史上に残るベスト・セラー。メロディ、ハーモニー、リズムすべてに究極の美が発揮された完全即興ソロ・コンサートの伝説的記録。ジャズの枠を超え、あらゆる音楽ファンに聴き継がれるべき大傑作。 (C)RS

収録情報

《1枚組 収録数:4曲》

1ケルン、1975年1月24日 パートT
2ケルン、1975年1月24日 パートUa
3ケルン、1975年1月24日 パートUb
4ケルン、1975年1月24日 パートUc

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
1,402円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

6 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • 愛の伝説 様 の投稿
    2023-01-12 13:56
     ようやく良さが分り始めた傑作
    友人の勧めで、初めて買ったキースのアルバムが「ケルン・コンサート」だった。しかし当時ロック少年でジャズなどほとんど聴いたことのなかった自分には長らくこのアルバムの良さが理解できなかった。しかし年齢を重ね、ジャズを本格的に聴くようになってから少しずつ本作の良さが理解できるようになり、キースの作品を少しずつ集めていき、その数10数枚になった。どれもそれなりに魅力があるが、やはり「ケルン・コンサート」を超える作品はないというのが結論だ。この時のキーズには神が降臨していた。そう思わされるジャズ史に残る名盤でありキースの最高傑作だ。なお、自分は30年ほど前に購入した輸入盤と本レビューを寄せているSHMーCD廉価盤を所持しているが、後者の方が音が透明で、廉価ということもあり絶対のお薦めだ。旧盤を所持しているファンも多いと思うが、現在「ジャズ百貨店」シリーズで流通しているSHMをコスパの点からも強くお薦めする。最初に買った輸入盤は、もう聴けなくなってしまった
  • きたドン 様 の投稿
    2022-09-29 20:21
     今更ながら
    キースジャレット、食わず嫌いでした。曲が長い、独特の唸り声、JAZZなの?と、色々ありまして、まったく毛嫌いしてました。でも、長年JAZZを聴いてきて、色々なプレイを知るうちに、ある日突然、聴けるように成りました。今では、他のアルバムも漁るほどです。JAZZには耳の修行が必要だと改めて思いました。
  • やきめざし 様 の投稿
    2022-08-26 04:07
     ケルン・コンサート
    初めて聴くキース・ジャレット、ライブの場にいるような感じで最後まで引き込まれました。
  • とよちゃん1955 様 の投稿
    2022-03-07 07:45
     懐かしい風景
    学生時代によく聴いた名盤で当時に浸る。昔に戻る。
  • Amadon.co.jp 様 の投稿
    2021-09-24 15:21
     ソロピアノ即興演奏
    ながいながーいピアノの即興演奏。ジャズというかクラシックというか、後のウインダムヒルというか、今でもどのジャンルとして聞けばいいのかと自問自答してしまう。 でも楽譜に縛られないんだからやっぱりジャズだなと一人で完結。
  • Allentown 様 の投稿
    2017-05-22 03:15
     凄い作品です。
    この手の芸術性が高いとされる作品は苦手な私にも、最初から最後まで聴かせるという魅力に溢れた作品でした。何なんでしょうね。キースの作品は十数枚所有していますが「宝島」や「キース・ジャレット&ゲイリー・バートン」が好みでした。「マイ・ソング」とかに似た表現や共通項があったかもしれませんが聴きやすさが全く違います。