アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】

  • CD
  • SHM-CD
  • Blu-ray付

ザ・ビートルズ

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】|ザ・ビートルズ|UICY-79050

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】

  • CD
  • SHM-CD
  • Blu-ray付

ザ・ビートルズ

  • 会員様web価格
    11,827円(税込)送料無料
  • ポイント
    119 円分ポイント
  • 発売日
    2019年09月27日
  • UICY-79050
  • ユニバーサル ミュージック
  • ジャンル:ロック

※先着特典:B2ポスターはお付けしておりません。あらかじめご了承ください。

商品の特長


完全生産限定盤/SHM-CD/Blu-ray Audio+ブックレット付/ボックス仕様/一部モノラル/金曜販売開始商品
ザ・ビートルズ最大のセールスを記録したスタジオ・アルバムである『アビイ・ロード』50周年記念エディションCD

【商品仕様】
4枚ディスク入り限定盤ボックス・セット(3CD+1ブルーレイ[音源のみ])
100ページの豪華ブックレット付 (序文:ポール・マッカートニー/ジャイルズ・マーティン、本文:ケヴィン・ヒューレット、他)

CD1: ジャイルズ・マーティン&サム・オケルによるニュー・ステレオ・ミックス
CD2&CD3: セッションズ/「アイ・ウォント・ユー」を筆頭に、レコーディングされた日付順に23曲収録

ブルーレイ(音源のみ): ドルビー・アトモス、5.1 サラウンド、ハイレゾ・ステレオ・ミックス

英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
SHM-CD仕様


【ブルーレイ収録内容】
1.カム・トゥゲザー
2.サムシング
3.マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
4.オー!ダーリン
5.オクトパス・ガーデン
6.アイ・ウォント・ユー
7.ヒア・カムズ・ザ・サン
8.ビコーズ
9.ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
10.サン・キング
11.ミーン・ミスター・マスタード
12.ポリシーン・パン
13.シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
14.ゴールデン・スランバー
15.キャリー・ザット・ウェイト
16.ジ・エンド
17.ハー・マジェスティ


2017年の『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、2018年の『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』(2018年)に続き、2019年は『アビイ・ロード』(1969年9月26日発表)の50周年記念エディションが登場!ジョージ・ハリスンによる名曲「サムシング」やリンゴ・スターの代表作「オクトパス・ガーデン」、そしてアルバム後半を飾る見事なメドレーなど、ザ・ビートルズ解散前最後のレコーディングでありながら、バンドとしての一体感に溢れる名曲をトータル性豊かに収めた作品は、全英で17週連続、全米では11週連続1位となるなど世界的な大ヒットを記録。その後も現在に至るまでセールスを拡大し続け、後のアーティスト達にも大きな影響を与え続ける、彼らの名だたるアルバム群の中でも特に最高傑作とされる歴史的アルバム。 (C)RS

収録情報

《4枚組 収録数:40曲》

DISC1

1カム・トゥゲザー(2019 Mix)
2サムシング(2019 Mix)
3マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー(2019 Mix)
4オー!ダーリン(2019 Mix)
5オクトパス・ガーデン(2019 Mix)
6アイ・ウォント・ユー(2019 Mix)
7ヒア・カムズ・ザ・サン(2019 Mix)
8ビコーズ(2019 Mix)
9ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー(2019 Mix)
10サン・キング(2019 Mix)
11ミーン・ミスター・マスタード(2019 Mix)
12ポリシーン・パン(2019 Mix)
13シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー(2019 Mix)
14ゴールデン・スランバー(2019 Mix)
15キャリー・ザット・ウェイト(2019 Mix)
16ジ・エンド(2019 Mix)
17ハー・マジェスティ(2019 Mix)

DISC2

1アイ・ウォント・ユー(トライデント・レコーディング・セッション&リダクション・ミックス)
2グッドバイ(ホーム・デモ)
モノラル
3サムシング(スタジオ・デモ)
4ジョンとヨーコのバラード(テイク7)
5オールド・ブラウン・シュー(テイク2)
6オー!ダーリン(テイク4)
7オクトパス・ガーデン(テイク9)
8ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー(テイク36)
9ハー・マジェスティ(テイク1-3)
モノラル
10ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト(テイク1-3)
11ヒア・カムズ・ザ・サン(テイク9)
12マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー(テイク12)

DISC3

1カム・トゥゲザー(テイク5)
2ジ・エンド(テイク3)
3カム・アンド・ゲット・イット(スタジオ・デモ)
4サン・キング(テイク20)
5ミーン・ミスター・マスタード(テイク20)
6ポリシーン・パン(テイク27)
7シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー(テイク27)
8ビコーズ(テイク1-インストゥルメンタル)
9ザ・ロング・ワン(試作エディット&ミックス-1969年7月30日)
10サムシング(テイク39-インストゥルメンタル-ストリングス・オンリー)
11ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト(テイク17-インストゥルメンタル-ストリングス&ブラス・オンリー)

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
11,827円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

33 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • すぷりんぐすてぃーん 様 の投稿
    2021-12-07 19:01
     Let It Beに続いて購入
    Let It Beのスーパーデラックスに続いて購入しました。 2CD版は持ってたのですが。なぜか秋になるとよく聴きたくなるし、ハイレゾ音源目的です。こちらはLet It Beと違ってLPサイズのボックスでした。 レコードコレクターズにも載ってましたが、ブルーレイはSomethingのみプロモビデオ付きでした。
  • フリード2019 様 の投稿
    2020-03-18 16:27
     楽器や声が生々しく聴こえる
    ユーチューブは刺さる音で心配してましたが、 CDはまろやかな音で好かったです。
  • MOCAIPANEMA 様 の投稿
    2020-02-26 23:28
     期待が大きかっただけに少しハズレた!
    海賊盤などは聞かないのでそれらの比較は出来ないのですが、前に出たSGTやホワイトアルバムに比べて少し蔵出しが少ないように感じました、それだけ凄いアルバムなので期待が大き過ぎたのかなとは思いますが…
  • ちゃいろん 様 の投稿
    2019-12-13 21:06
     何枚目だろう
    LPから始まり、CDも国内盤、輸入盤、リマスターと今回で五枚になりました。 又、次があるのだろうか。
  • Kinberly 様 の投稿
    2019-12-08 12:08
     ボーカル重視のリミックス
    ボーカル重視のリミックスで、ギターが引っこみました。 低音も音圧が高く、重みがあります。 賛否両論の音だと思います。
  • CV5W 様 の投稿
    2019-11-23 18:45
     洋楽はあまり知らなくて解る安定したアルバムです
    洋楽のことは良く解りませんが、テレビやラジオで聞いた事がある曲が多く、車の中で聞くのには良いアルバムだと思います。
  • kamisan 様 の投稿
    2019-11-14 14:25
     微妙な違いもファンには大きい
    人によってはこれまでのものと大差ないと感じる人もいるかもしれない。しかし、ファンにとっては微妙な違いも大きな違い。やはり、最新のミキシングで聞けるのはうれしい。一枚ベールがはがれた気がする。また、新しい音源があるのもうれしい。もはや新譜は出ないのだから、発掘音源は大きな価値がある。
  • yakinori777 様 の投稿
    2019-11-13 18:10
     今蘇るビ−トルズ
    いろいろなセッションの音源が聞けてとても良かった。 写真集もお宝です。 今こうやって素晴らしい音源が聞けるのも、最高の録音技術で 録音をしていたビ−トルズに今更ながら感動です。