フレイミング・パイ スペシャル・エディション

  • CD
  • SHM-CD
  • 紙ジャケット

ポール・マッカートニー

フレイミング・パイ スペシャル・エディション|ポール・マッカートニー|UICY-79172/3

フレイミング・パイ スペシャル・エディション

  • CD
  • SHM-CD
  • 紙ジャケット

ポール・マッカートニー

  • 会員様web価格
    3,366円(税込)送料無料
  • ポイント
    34 円分ポイント
  • 発売日
    2020年07月31日
  • UICY-79172/3
  • ユニバーサル ミュージック
  • ジャンル:ロック

商品の特長

生産限定盤/SHM-CD/紙ジャケット仕様/金曜販売開始商品
ポール・マッカートニー『フレイミング・パイ』 アーカイヴ・コレクション
高い評価、成功とともに世界的に愛され続けている10枚目のソロ・アルバム『フレイミング・パイ』が、グラミー賞も受賞しているアーカイヴ・コレクションの13番目の作品としてリリース。
リマスター・アルバム+ボーナス・オーディオ21曲

<日本盤のみ>英文解説翻訳付/歌詞・対訳付SHM-CD仕様

高い評価、成功とともに世界的に愛され続けている10枚目のソロ・アルバム『フレイミング・パイ』が、グラミー賞も受賞しているアーカイヴ・コレクションの13番目の作品としてリリース。 (C)RS

収録情報

《2枚組 収録数:35曲》

DISC1

1ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング
2ザ・ワールド・トゥナイト
3イフ・ユー・ウォナ
4サムデイズ
5ヤング・ボーイ
6カリコ・スカイズ
7フレイミング・パイ
8ヘヴン・オン・ア・サンデイ
9ユースト・トゥ・ビー・バッド
10スーヴェニア
11リトル・ウィロー
12リアリー・ラヴ・ユー
13ビューティフル・ナイト
14グレイト・デイ

DISC2

1ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング[ホーム・レコーディング]
2ザ・ワールド・トゥナイト[ホーム・レコーディング]
3イフ・ユー・ウォナ[ホーム・レコーディング]
4サムデイズ[ホーム・レコーディング]
5ヤング・ボーイ[ホーム・レコーディング]
6カリコ・スカイズ[ホーム・レコーディング]
7フレイミング・パイ[ホーム・レコーディング]
8スーヴェニア[ホーム・レコーディング]
9リトル・ウィロー[ホーム・レコーディング]
10ビューティフル・ナイト[1995デモ]
11グレイト・デイ[ホーム・レコーディング]
12ビューティフル・ナイト[ラン・スルー]
13ホール・ライフ[ラフ・ミックス]
14ヘヴン・オン・ア・サンデイ[ルード・カセット]
15グレイト・デイ[アコースティック]
16カリコ・スカイズ[アコースティック]
17カモン・ダウン・カモン・ベイビー
18ルッキング・フォー・ユー
19ブルームスティック
20ラヴ・カム・タンブリング・ダウン
21セイム・ラヴ

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

会員様web価格
3,366円(税込)

レビュー

この商品の総合評価

3 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • afuro 様 の投稿
    2020-10-31 17:56
     発売当時も買いました。
    スーパー・デラックス・エディションはもうあきらめました。ハイレゾ音源ダウンロードは魅力ですが。
  • Kemmy 様 の投稿
    2020-08-10 18:55
     最近、高額すぎませんか?
    私には今ひとつ届かない曲ばかりでした。 それに、コレクターズやデラックスと高額な価格は納得できません。 ファンなら躊躇なく購入するのでしょうか?
  • ごーがん。 様 の投稿
    2020-08-02 09:31
     今のこの瞬間だからこそ
    このアルバムのたおやかさに心を癒やされる。 Keaven On A Sundayを聞きながら過ごす日曜の昼下がりなんて とてもいい気分である。 稀代のメロディーメーカーが少し本気出したら名作になる一例。