しゃばけシリーズ第2弾 うそうそ

  • DVD

手越祐也

しゃばけシリーズ第2弾 うそうそ|手越祐也|PCBC-51538

しゃばけシリーズ第2弾 うそうそ

  • DVD

手越祐也

  • 発売日
    2009年04月01日
  • PCBC-51538
  • フジテレビジョン
  • ジャンル:バラエティー(ビデオ絵本・ドラマ等)

商品の特長


シリーズ350万部突破の大人気小説「しゃばけ」待望のドラマ第2弾!今回は、齢三千年のお祖母様・おぎんからのお告げで、兄・松之助や齢千年の神獣かつ手代である仁吉と佐助の二人、鳴家ら妖たちと箱根の湯治へ行く事に…。

[ストーリー]
身体は弱いが心優しく、知恵に溢れる大店の若だんなは、頻繁に起きている大地震の轟音の中に自分を呪う声を聞いてしまう。ところが、どうやら若だんな以外は感じていない様子。そんな不安を抱いていた矢先――。齢三千年のお祖母様・おぎんからのお告げで、腹違いの兄・松之助や齢千年の神獣かつ手代である仁吉“白沢”と佐助“犬神”の二人、鳴家(やなり)ら妖たちと箱根の湯治へ行く事に…。羨ましがる親友の栄吉や大工の棟梁に見送られる。初めてお江戸を出て、初めて長崎屋の持ち船の弁財船に乗り、初めて親である藤兵衛、おたえと離れ、初めて旅をする…初めて尽くしの若だんなはドキドキ、湯冶で身体が丈夫になれると聞いてウキウキ、だったのだが――。

[キャスト]
一太郎、長崎屋の若だんな:手越祐也
仁吉(白沢という妖):谷原章介
屏風のぞき(屏風絵の付喪神):宮迫博之
佐助(犬神という妖):高杉亘
鈴彦姫、鈴ノ助(二役):早乙女太一
栄吉:木雄也(Hey!Say!JUMP)
大工の棟梁:阿南健治
   ・
芝垣勝之進:中村俊介
新龍:升毅
孫右衛門:柏原収史
お比女:日向ななみ
煙草盆(付喪神):くいだおれ太郎(特別出演)

蒼天坊:中村扇雀
山神:古谷一行

松之助、一太郎の腹違いの兄:岡田義徳
おたえ、一太郎の母親:真矢みき
藤兵衛、一太郎の父親:岸部一徳
おぎん、一太郎の祖母:十朱幸代


[スタッフ]
原作:畠中恵「うそうそ」(「しゃばけ」シリーズ/新潮社刊)
脚本:樫田正剛・高橋ナツコ
音楽:高梨康治・水谷広実
主題歌:Dragon Ash「thought and action」(MOB SQUAD/ビクターエンタテインメント)
プロデュース:喜多麗子
演出:光野道夫

■封入特典
・スペシャルブックレット
・オリジナルお箸(初回生産分のみ)
※初回生産分は数に限りがございますので、終了の際はご了承願います


日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞したベストセラー小説「しゃばけ」のTVドラマ第2弾!江戸の町を舞台に、日本橋の大店の一人息子が妖怪たちと奇怪な事件を解決していくヒューマン・ファンタジー推理帖。手越祐也演じる若だんなが、兄・松之助や齢千年の神獣かつ手代である仁吉と佐助の二人、妖たちと箱根へ湯治に行くことに…。

制作年:2009
制作国:日本
ディスクタイプ:片面1層
カラー:カラー
映像サイズ:
アスペクト:スクイーズ
映像特典: 
その他特典:封入特典
音声仕様:
ステレオドルビーデジタル日本語

収録情報

《1枚組》

しゃばけシリーズ第2弾 うそうそ

※商品内容、特典、仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※商品に同梱されてない特典品(外付けポスター等)は、基本お付けしておりません。
※初回盤、初回仕様、外付け特典につきましては、ご用意できる期間中のみ商品ページに記載しております。
 初回盤、初回仕様のご指定は出来ません。
 発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えてお届けする場合がございます。
※書籍につきましては、基本『発売日以降の出荷』となります。
※輸入盤につきましては、現地の生産状況により入荷までに時間を要する場合や、
 入手が出来ない場合がございます。その際は、弊社よりメールにてご連絡をさせていただきます。

レビュー

この商品の総合評価

2 件 のレビュー

※レビューは他のお客様により書かれたものです。Joshin webは内容の当否については保証できません。お客様の判断でご利用願います。
※特典・サービスに関する内容は、期間限定の場合がございます。ご購入前には必ず「商品詳細」をご確認願います。

  • あつし 様 の投稿
    2010-10-15 18:56
     おもしろい
    小説も読んでいたが、配役がぴったり。 坊ちゃんの頼りなさと、あやかしのやりとり最高です
  • **** 様 の投稿
    2009-08-20 18:58
     しゃばけ2うそうそ
    とてもよかったです。 あやかしの鳴家がかわいかったです。 小説も買いました。 まだ、全部は読めていません。 手代の仁吉と佐助に次回は活躍の場を、 与えてください。